医師紹介

ご挨拶


田中宏治
      昭和47年12月 大阪市生まれ

このたび、枚方市禁野本町に「たなか内科・循環器内科」を開院させていただくことになりました院長の田中宏治(たなかこうじ)です。

 

平成10年に大阪医科大学第一内科入局後、研修医として総合診療の研鑽に励み、循環器内科専攻後は、京都桂病院心臓血管センター、大阪医科大学循環器内科、UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)カテラボに勤務。

 

平成194月より市立ひらかた病院で循環器内科専門医として循環器診療全般(高血圧・虚血性心疾患・心不全・不整脈etc)及び禁煙外来携わる一方、総合内科専門医として一般内科初診も担当し、患者様の状態に応じて漢方診療も行ってきました。

 

また平成24年からは、枚方市の嘱託産業医としても従事し、枚方市職員様の健康相談・過重労働面談に加え、各部署の安全衛生委員会にも出席してきました。

 

以上の経験を踏まえた上で、患者様の立場に立った、コミュニケーションの取りやすい、信頼できる医療を心がけ、地域の皆様のホームドクターとして、また中核病院(市立ひらかた病院etc)と連携をとりつつ、専門的なフォローもきめ細やかに、皆様の健康づくりに少しでもお役に立つことができましたら、こんなに嬉しいことはないと思っております。

 

来院されるすべての患者様に、受診して良かったと思っていただける医院を目指して、これからも日々精進を続けて参る所存でございます。よろしくお願いいたします。


経歴


<学歴>  
平成3年3月
大阪府立大手前高校卒業
平成10年3月
愛知医科大学卒業
<職歴>  
平成10年5月 大阪医科大学第一内科・臨床研修医
平成12年6月 京都桂病院心臓血管センター・医員
平成14年6月 大阪医科大学第一内科・循環器専攻医
平成15年10月 UCLA(Adult Cardiac Catheterization Laboratory)研究員
平成17年12月 大阪医科大学第一内科帰局・助手(任期付)
平成19年4月 市立枚方市民病院・循環器内科医長
平成20年4月 同院・循環器内科副部長
平成25年4月 同院・循環器内科部長
平成27年6月

たなか内科・循環器内科新規開業

  

市立ひらかた病院循環器内科・非常勤医


資格及び所属学会


医学博士(大阪医科大学)
総合内科専門医・認定内科医・指導医(日本内科学会) 
循環器専門医(日本循環器学会)  
認定産業医・認定健康スポーツ医(日本医師会)   
認定医(日本心血管インターベンション治療学会)    

緩和ケア研修会修了
新臨床研修指導医養成講習会修了